サンピコの産品を作ってくださる生産者さんたちを紹介します!

生産者紹介 生産者紹介
トップページ 》生産者紹介

川平地区

餅田 美代子 さん

毎年800kg程の梅を加工。天日干しして樽漬けした梅干しは減塩でまろやか。種を抜き樽漬けしたした梅干しはシャキシャキしているのでおにぎりの具に最適です。

桜江地区

佐々木 保男 さん

本格的に野菜をつくり始めて20年。できるだけ農薬を使用せず、安全で新鮮な野菜を江津の子ども達に食べてもらおうと、人参や大根などを給食センターにも提供しています。

二宮地区

島田 真佐美 眞智子 夫妻

二宮町の自宅と跡市町の出り原(ゆずりはら)で7棟のハウスを使って花を栽培。年間を通して色とりどりの花を出荷します。きれいに花がつくよう、長持ちするよう工夫して、心をこめて育てられています。

川平地区

天野 明 さん

【(農)川平みどり】代表。水稲と野菜で大きな面積を経営されています。またお寿司・餅・菓子などの加工品の出荷もして頂き、特に“大豆かりんとう”は当店加工品コンクールにおいて入賞しました。

桜江地区

静川 祥春 美子 夫妻

大根・じゃがいもなど子ども達の給食用にもたくさん出荷中。作る時から食べる人、調理する人のことを思い浮かべながらの野菜づくり。野菜だけではなく、昔ながらのかりんとうや季節のお漬物もおすすめです。

桜江地区

松本 文男 さん

【住江茶業組合】組合長 55年前に組合を立ち上げ、現在は組合員10人と1団体で作業をしています。江の川の朝霧をふんだんに吸収して香り・味・コクが格別な煎茶は5月の連休頃から茶摘みをし、加工・出荷しています。

川越地区

小笠原 修造 さん

自然循環農法栽培という化学肥料・農薬を使用しない野菜作りに取り組まれています。また加工品も出荷されていて好評です。

後地地区

古川 忠光 さん

【いきいき都クラブ】代表。お餅などの加工品を主に出荷して頂き、大変人気です。

敬川地区

原田 利春 さん

松川町の畑でいろいろな季節の野菜を作っています。シバや榊を出荷しています。夏は玉ねぎ・かぼちゃ・きゅうり等、秋は茄子や牛蒡、冬には美味しい白ねぎ・里いも・人参が好評です。

浅利地区

益田 孝雄 さん

【浅利農園】代表。研究熱心で珍しい野菜の栽培に取り組まれています。漬け物・ジャムなどの加工品も絶品です。

松川地区

上畑 和人 富美恵 夫妻

夫婦で米や野菜をつくって加工・出荷。研究熱心で発明家の上畑さんがつくる人気の『もち米の粉』と『うるち米の粉』は、ちまきや団子、お焼きの材料として購入するファンが年々増加中です。

渡津地区

寺森 弘武 さん

家族が安心して食べられるような安全な野菜づくりをという思いで頑張っている寺森さんが得意な作物は菊イモ。食物繊維やイヌリンを多く含むキク科の野菜で11月から3月限定の食材。ぜひ一度お試しください。